andSOon... Miki's Diary

andSOon のショップ情報や、Mikiのパーソナルなダイアリー

2018-12

紅葉を追っかけて

そろそろ見ておかなきゃ終わってしまうから、紅葉を追っかけて安土町の教林坊へ行ってみました。
遠くへ行かなくても京都中、何処も真っ赤で美しいけれど、観光客でいっぱいだから。教林坊は、隠れ里の雰囲気。とても美しい日本の秋!!白洲正子さんも気に入って、何度も訪れたとか…。
紅葉🍁も赤いの、オレンジの、黄色いのが重なり、時代劇に出てきそうな風景でした。



ビブリア古書堂の事件手帖

昨日は黒木華さん主演のビブリア古書堂の事件手帖を観てきました。
前宣伝の古い坂道にある古書店の雰囲気に惹かれて…。
夏目漱石と太宰治の本に纏わる恋とミステリー。
…なのですが、そうミステリーと言うほどでもない。

今までにもドラマでもありましたよね?
でも、古書店の雰囲気や東京オリンピック当時の作家志望役の東出君の可愛い事?!

原稿用紙に万年筆で文字を埋めていく、あの音。
のんびり日曜の午後に観るには、ちょうど良かったかな。

藤田嗣治展

爽やかな秋晴れの日曜日、藤田嗣治展を観てきました。
知ってるつもりだったけれど、ちゃんと観た事なかったみたい。
凄い量の、彼の集大成‼️…とても良かった。
時代によって、様々な画風になって、作風の振り幅が大きいと言うのでしょうか。

私は乳白色のシリーズが好き。


彼の手仕事作品がまた可愛い💕
嗣治さんはとても可愛い人だったのですね。

下鴨神社 糺の森の光の祭

8月17日から開催されてた光の祭も今夜が最終日。
こんなに近くに居ながら行かないのも…と慌てて行ってみました。
出町柳駅付近から、もう凄い人。
やっぱり帰る?!…と何度も思いながら下鴨神社に到着。
鳥居の向こうがライトアップされてて綺麗‼️
中に入ると、あちこちに卵型のバルーンが、ポコポコと置かれてて、色が変化していく。
これで、回りのぎっしりの人々が居なければ、かなり幻想的だったかも。
キャア‼️だのイェーイ‼️だのもうラッシュの様な混み具合。
卵型のバルーンばかりなのが、ちょっと物足りない気も。
様々なバルーンが置かれていて、人が少なければもっと素敵だったのに…なんて思いながら帰って来ました。

田中一村展

昨日の日曜日は佐川美術館へ田中一村展を観に行って来ました。
奄美のゴーギャン‼️とも言われる一村。7歳の時の作品から69歳の作品まで、それは見応えのある作品の数々。
ポップな感じもあり、繊細なタッチかと思えば大胆なタッチもあり、一村凄い!!魅力的な作品がいっぱいでした。
ランチは、美術館近くでパスタ。
休日らしい一日でした。

 | HOME |  »